dマガジンの評判は良い?口コミやメリットとデメリットを踏まえて解説!

雑誌を読むことができる便利なサービス・dマガジンですが、有料のサービスなので利用にあたって本当に便利に使えるのかは心配ですよね。
そこでこの記事では、dマガジンのメリットやデメリット、口コミ評判などについて詳しくチェックしていきます。
筆者も実際にdマガジンを使っているので、使用感も踏まえながら紹介していきたいと思います。
自分にとってdマガジンがベストなサービスかどうか知りたい方は、参考にしてください。

\月額440円(税込)で雑誌読み放題/

dマガジンとは?サービスの概要をチェック

出典:dマガジン公式サイト(https://www.docomo.ne.jp/special_contents/dmagazine/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=dmagazine_20220421_6-all-null-RSA-009-brand&gclid=Cj0KCQjw-daUBhCIARIsALbkjSaNXuGhOuMOhCFSAY6PazqPN5dRfTotkuiCFNwIE8TGGAxPrN1ggKsaAm9uEALw_wcB&gclsrc=aw.ds)

dマガジンとは、ドコモが展開している雑誌読み放題のサービスです。
dマガジンは月額440円で、900誌以上の雑誌を自由に読むことができます。
雑誌は普通に買えば1冊500~1,000円以上かかってしまいますし、置き場所も取るので管理が大変ですよね。
移動中に雑誌を読みたくなっても、リュックなどに入れられる冊数は限られてしまいます。
dマガジンならスマホやタブレット、パソコンの中に膨大な雑誌データをまとめ、いつでも楽しめるのが魅力です。

\月額440円(税込)で雑誌読み放題/

dマガジンは31日間無料で試すことができる!

出典:dマガジン公式サイト(https://magazine.dmkt-sp.jp/campaign/dmag-promote/)

dマガジンは、31日間無料で試すことができます。
31日以内に解約すれば、料金がかかることはありません。
dマガジンを使ってみたいけどいきなり月額料金を支払うのにはちょっと抵抗がある方も、とりあえず無料で使い心地を試したりラインナップを確認したりできるので安心ですね。

\31日間無料お試し/

dマガジンはドコモユーザーだとお得になる?

dマガジンはとくにドコモユーザーでなければ利用できないわけではなく、ドコモユーザーに特化した特別な特典なども2022年7月時点ではありません。
強いて言えば入会でdポイントがもらえるキャンペーンなどは展開されていますが、dポイントもドコモユーザーでなくても利用できるサービスなので、ドコモユーザーでなければ損してしまうようなことはないのでご安心ください。

dマガジンのメリットは?

dマガジンには、様々なメリットがあります。
dマガジンの利用によってどんな恩恵を受けられるのか、確認してみましょう。

低価格でたくさんの雑誌を読める

dマガジンは900誌以上の雑誌を読めるサービスですが、月額料金はわずか440円です。
週刊誌や趣味系の雑誌、ファッション、スポーツ、児童向けの本などたくさんのジャンルの雑誌が取り揃えられているので、多くの方がdマガジンを楽しめます。
普通に雑誌を1冊買うのと同程度~読む雑誌によってはもっと安い料金で無数にある雑誌を読み放題にできるのは、dマガジンの大きなメリットですね。
筆者もdマガジンをよく使っていますが、普通に買えば数千円~1万円以上になるような量の雑誌を負担なく読めるのでとても助かっています。
最近は町中の図書館でも雑誌を楽しめたりしますが、dマガジンなら家から出る必要はないですし、図書館よりもたくさんの雑誌を取り扱っています。

\月額440円(税込)で雑誌読み放題/

最新号だけでなく、過去の号も公開されていれば読める!

dマガジンでは雑誌の最新号だけでなく、過去のバックナンバーも読めます。
バックナンバーは雑誌ごとに公開期間が決まっていて、半年~1年など一定の期間読むことが可能です。
将来的には読めなくなってしまうものがほとんどなので、よほど気に入って今後もずっと読み続けたいような本は別途通販サイトなどで購入するなどしておいたほうが良いですが、長期間古い号も含めて雑誌を楽しめるのは嬉しいですね。
筆者も新しく興味を持った雑誌のバックナンバーを読むなどして、サービスを活用できています!

\バックナンバーも読み放題/

スマホだけでなく、大画面のタブレットやパソコンでも雑誌を読める

dマガジンはスマホに加えて、パソコンやタブレットでも利用できます。
雑誌読み放題は魅力的だけど、スマートフォンの小さな画面だと流石に見づらい…と感じた方も少なくないのではないでしょうか。
dマガジンは大画面のタブレットやパソコンでも利用できるので、ご安心ください。
筆者もdマガジンはもっぱらiPadで利用していますが、10インチ以上のタブレットやPCであれば普通の雑誌とほとんど変わらない~端末によっては雑誌以上に大きな表示で読むことができます。
dマガジンは複数台での利用にも対応しているので、家ではパソコンやタブレット、移動中はスマホ…といったように使う端末を場所によって分けることもできますよ。

\複数端末で雑誌読み放題/

特定の記事を検索・閲覧することもできる

具体的に読みたい雑誌が決まっていなくて、「◯◯に関する話題の記事を読みたい!」という時も検索して当てはまる物があれば読むことが可能です。
普通の雑誌以上にスムーズに読みたい内容の記事を読めるのも、dマガジンの魅力です。

\検索機能が使いやすい/

dマガジンのデメリットは?

dマガジンには、いくつかの気をつけたいデメリットも存在しています。
サービスを申し込む前に、デメリットも確認しておきましょう。

基本的に雑誌以外は読めない、漫画はない

dマガジンは「雑誌読み放題」のサービスなので、基本的に雑誌しか読むことができません。
雑誌の特定の話題に特化した増刊号のようなものや旅行系のムック本も取り扱っていますが、あくまで読めるのは雑誌のみです。
また漫画雑誌は取り扱われていないので、合わせてご注意ください。

台数制限に注意!dブックと合わせて10台まで

dマガジンは複数の端末で読むことができますが、dブックと合わせて10台までという台数制限があります。
かなり多めの数なので普通の方なら十分余裕はあると考えられますが、たくさんの端末を所有しているガジェット好きの方などはご注意ください。
なお登録した端末台数が上限に達してしまった時は、ログイン時に表示されるリストから不要な端末を削除すればOKです。

dマガジンは便利に使える?口コミや評判をチェック!

dマガジンを使っている人の口コミ情報を、調べてみました。

料理のレパートリーすくない人 (私) にはやっぱり d マガジンいい気がする。月額440円できょうの料理やオレンジページ購読できて、レシピをスクショしとけば買い物にも便利
―labocho(@labocho) May 31,2022

dマガジンで料理系の雑誌をチェックし、生活に役立てているという満足の声が見つかりました。
まとめてたくさんの雑誌を読んで、レパートリーを増やせるのはなかなか便利ですね!

フライパン探す時に、口コミ調べるか〜めんどいなと思ってたらdマガジンの中に絶対あるって夫に言われて、雑誌全体から検索したらあっさり特集が見つかった‥便利すぎるじゃん
―もこ(@mocodesuyo1) April 14,2022

dマガジンで記事検索をして、欲しい商品に関する情報を見つけられたという声もありました。
記事検索は手軽に読みたい内容の記事が載っている雑誌を見つけられるので、調べ物にとても便利です!
筆者も、例えば特定のプラモデルに関する情報を知りたい時にdマガジンで検索をしたら見つかった、ということがありました。

楽天マガジンとdマガジンを1ヶ月無料試用した。どちらも一長一短。見れる雑誌も少し違うけど、ほとんど同じ。どちらも良いと思うけど、大差はないので、安い楽天マガジンを継続することにした。たまたまキャンペーンで1年間さらに安くなることもあり。
―negi(@negi) April 29,2022

dマガジンの料金には賛否あり、他社サービスの楽天マガジンと比べた場合はちょっと高いという声もいくつか見受けられました。
楽天マガジンはdマガジンの月額440円より22円ほど安価な418円、年額払いなら3,960円→キャンペーンで2022年6月現在は1年間1,980円とさらに安価なので、確かに安さを求めるなら楽天マガジンも要検討です。
他にもあえて「少ない」などネガティブなキーワードの口コミも検索してみるなどしましたが、dマガジンのサービスに関する不満はほとんど見つかりませんでした。
むしろ「他社の読み放題より読みたい雑誌が多いからdマガジンを選んだ」といった声が多かった印象です。
月額440円という金額に価値を見いだせれば、dマガジンは申し込んで損のないサービスであると考えられます。

\雑誌数は業界最大級/

dマガジンはこんな人におすすめ

dマガジンは、雑誌をできる限り安く読みたい方におすすめです。
900誌以上の雑誌が取り扱われているので、多くの方が自分の読みたい雑誌を見つけられるのではないでしょうか。
普通にお店で特定の雑誌を1冊買うより安くたくさんの雑誌を読めるので、雑誌を読む機会がある方は利用を検討してみてください。
反対にdマガジンをおすすめできないのは、まったく雑誌を読まず興味もない方です。
流石にまったく読まないのに月額440円は割高なので、あえてdマガジンを申し込む必要はありません。

\月額440円(税込)で雑誌読み放題/

dマガジンで実施中のキャンペーン

dマガジンは初回申込時に31日間無料で使えるキャンペーンに加えて、2つのポイント還元キャンペーンを開催しています。

出典:dマガジン公式サイト(https://magazine.dmkt-sp.jp/campaign/201704_23)

好きな雑誌を契約から31日目までに3誌お気に入りに登録すれば、3ヶ月後にdポイントが100ポイント還元されるキャンペーンが開催されています。
終了日は未定、ポイント進呈までdマガジンを契約していることが必須条件ですよ。

出典:dマガジン公式サイト(https://www.docomo.ne.jp/special_contents/dmagazine/#campaign)

また合わせて公式サイトからキャンペーンエントリーをすることで、3ヶ月後にdポイント300ポイントがもらえるキャンペーンも開催中です。(お気に入り登録3誌以上による100ポイントと合わせれば合計400ポイント還元)

出典:dマガジン公式サイト(https://magazine.dmkt-sp.jp/campaign/202012_31)

他には、dマガジンユーザーならdブックで本を買った時に10%のポイント還元を受けられるキャンペーンも終了日未定で開催されています。
各種キャンペーンを利用して、dマガジンをお得に活用してみてください。

\お得なキャンペーン開催中/

dマガジンに関するよくある質問に回答!

最後に、dマガジンに関するよくある質問に回答していきます。
申し込み前に、疑問を解消しておきましょう。

dマガジンの登録・利用方法は?

出典:dマガジン公式サイト(https://magazine.dmkt-sp.jp/)

dマガジンは、公式サイトからすぐに登録できます。
dアカウントを事前に発行しておき、トップページの「まずは無料トライアル!」のバナーから申し込みを行いましょう。
dアカウントを利用して申し込みを行えば、すぐに利用を始められます。
あとは使いたいスマートフォンやタブレットなどにdマガジンのアプリを入れ、登録に使ったdアカウントでログインすれば雑誌を読めますよ。

\月額440円(税込)で雑誌読み放題/

解約月や初月は日割りになる?

dマガジンは日割り請求にならず、初月や解約月も含めて満額の440円が請求されます。
お試し期間が終わってから月末までが1日しかなかったとしても初月1ヶ月分の料金がかかるので、ご注意ください。
解約月もいつ解約しても満額請求になるので、無駄なく使いたい場合は月末頃に解約するようにしましょう。

ドコモユーザー以外も契約できる?

dマガジンはdアカウントがあれば申込可能なので、ドコモユーザー以外でも普通に使えます。
dアカウントは発行や維持が無料なので、かかる料金はdマガジンの月額料金のみです。

\ドコモユーザー以外も登録可/

オフラインでも読める?雑誌はダウンロードできる?

dマガジンは、事前に雑誌をタブレットやスマートフォンなどにダウンロードしておけばオフラインでも読めます。
電波が悪い場所でdマガジンを使う場合は、事前にWi-Fiなどに接続してダウンロードをしておきましょう。
ただし一定期間オフラインの状態が続くと、アプリを一時的に利用できなくなるのでご注意ください。
つまり永遠にオフラインで雑誌を読み続けることはできず、定期的にオンラインで利用する必要があります。

\ダウンロードが便利/

dマガジンで読むのにおすすめの雑誌は?

dマガジンにはたくさんのジャンルの雑誌があり、また人によって好きなジャンルも異なるので、一概にどれがおすすめと一言ではまとめづらいのが事実です。
例えばファッション誌を読みたいなら、男性ならLEONやメンズクラブなど、女性ならSTORYやVOGUE JAPAN、bisなど様々な雑誌があります。
週刊誌も豊富で、週間SPA!や週刊朝日、女性自身などを読めます。
ガジェット系雑誌のMONOQLOや週刊アスキー、料理雑誌のレタスクラブ、テレビ雑誌のザ・テレビジョン、模型誌のホビージャパン、ビジネス誌の週刊ダイヤモンドなど、他にもたくさんの雑誌がありますよ。
雑誌であれば国内外のたくさんのラインナップが用意されているので、公式サイトも確認しつつ自分の読みたい雑誌を探してみてください。

\雑誌数は業界最大級/

まとめ

今回は、dマガジンのメリット・デメリットや口コミなどをまとめました。
dマガジンは月額440円で900誌以上の雑誌を読むことができる便利なサービスです。
今回の解説を参考に、dマガジンの導入について検討してみてください。

\月額440円(税込)で雑誌読み放題/

おすすめの記事